レシピ 心覚えTOP ≫  お肉

お肉

スポンサードリンク


お餅と鶏モモ肉の甘酢あんかけ レシピ こごまちゃん レシピ 知りたがり

フジテレビ「知りたがり」の主婦達への道コーナー 祝日ということで
今回は天才料理人のこごまちゃんによる料理が紹介されました。
こごまちゃんは、既に料理レシピ本を3冊出版。
さらに8歳にして日本酒検定にも合格する天才料理人。
今回はお正月に余ったお餅をかき揚げにして甘酢あんをかけた料理でした。

●お餅と鶏モモ肉の甘酢あんかけ レシピ
<材料>2人分
切り餅 … 3枚(8等分に切る)
鶏モモ肉 … 1枚(1.5cm角に切って、塩・コショウで下味をつける)
塩・コショウ … 適量 
かまぼこ … 適量
天ぷら粉 … 1/2カップ
水 … 100cc 
すりゴマ(白) … 大1 
だし汁 … 400cc  
酒 … 大1  
砂糖 … 大1  
しょうゆ … 大2  
国産黒酢 … 大2  
ショウガ … 小1(みじん切り)
長ネギ … 10cm(みじん切り)
パプリカ(赤・黄) … 各1/4個(ヘタ・種を除き粗みじん切り)
水溶き片栗粉 … 水 大2+片栗粉 大2  
水菜 … 適量(長さ2cmほどに切る)
万能ネギ … 適量(小口切り)

<作り方>
(1) かまぼこを飾り切りにする。包丁で厚め細めと切り口を入れ細い方を折り込む。
(2) ボウルに天ぷら粉、水を入れる。さらにすりゴマを入れて混ぜる。
(3) そこに下味がついた鶏肉、お餅を入れて混ぜる。
(4) スプーンにのせ形を整えて170〜180℃の油で4分ほど揚げる。
(5) 鍋にだし汁、酒、砂糖、しょうゆを入れ加熱する。
(6) さらに国産黒酢、ショウガ、長ネギ、パプリカ(赤・黄) を加え
  最後に水溶き片栗粉を入れてとろみを付けたらあんの完成。
(7) 水菜の上に鶏肉とお餅のかき揚げを盛り、甘酢あんを上からかける。
  さらに飾りかまぼこを盛り、最後に万能ネギをかけたら出来上がり。
試食では、甘酢がさわやかでおいしいと。
余ったお餅もこのような調理法もあるということでした。

お母さんがごまちゃんに似ていてごまというあだ名がついていて
そのお子さんなのでこごまちゃんなんだそうです。

| お肉 |

漬物とひき肉の炒め物(泡菜肉末)陳建一 まかない飯レシピ NHKゆうどきネットワーク

NHK「ゆうどきネットワーク」では、四川料理を広く知らしめた中国料理の鉄人
陳建一さんによるまかない飯が紹介されました。
中国四川省では、漬け物を様々な料理に利用しているという。

●漬物とひき肉の炒め(泡菜肉末) レシピ
<材料>
キャベツ … 70g
大根 … 20g
にんじん … 20g
白菜 … 40g
ピーマン … 15g
きゅうり … 40g
セロリ … 20g
豚ひき肉 … 150g
赤とうがらし … 適量
高菜漬け … 20g
塩 … 小さじ1/2
紹興酒 … 大さじ2(漬物用)
ごま油 … 小さじ1
甜麺醤(テンメンジャン) … 大さじ2(普通のみそでもOK)
しょうゆ … 大さじ1
紹興酒 … 大さじ1(ひき肉用)
こしょう … 適量
昆布茶 … 少々
長ねぎ(みじん切り) … 適量

<作り方>
(1) 野菜はすべてみじん切りにして大きさをそろえる。
(2) みじん切りにした野菜に塩、紹興酒を入れ混ぜる。
(3) 重しをのせ30分すると中国風浅漬けができあがる。
(4) ざるにあけ水気を切り、ペーパータオルで軽く拭き取る。
(5) 鍋にごま油をひき、豚ひき肉を強火で炒める。
(6) 甜麺醤を加える。さらにしょうゆ、紹興酒、こしょうを加え味を整える。
(7) 赤とうがらし、漬物を加える。水分がなくなりパチパチ音がするまで炒める。
(8) 昆布茶とねぎのみじん切りを加える。
(9) 最後に香り付けのごま油を鍋肌からかけ回し出来上がり。
ご飯と相性抜群の一品だといいます。
<ポイント>
野菜と漬け物にする理由はまろやかさ、食感が変わりおいしくなるという。
豚ひき肉は強火で炒めることで水気をとばし、肉のうまみを閉じ込める。
おいしさの秘訣は強火で炒めて水分をとばすこと。
家庭でフライパン返しができない場合はひたすら具材をかき混ぜること。

| お肉 |

ジューシーチキンの栗ロール ヤミー流 レシピ 知りたがり

フジテレビ「知りたがり」の主婦達への道コーナー もてなしご飯でお馴染みの
料理研究家のヤミーさんによるおせちにもおもてなしにもなる料理が紹介。
今回は赤ワインを使ったヤミー流の洋風の味付けだそうです。

●ジューシーチキンの栗ロールレシピ
<材料>2人分
鶏モモ肉 … 1枚
塩 … 小1/4
黒コショウ … 適量
薄力粉 … 適量
栗の甘露煮 … 3個 (2等分に切る)
インゲン … 6本(筋を除き、塩ゆでする)
赤ワイン … 100cc
水 … 100cc
ローリエ … 1枚
トマトケチャップ … 大1
栗の甘露煮の汁 … 小1
しょうゆ … 小1
サラダ油 … 適量
 
<作り方>
(1) 厚い部分を開いて、塩、黒コショウを両面にふる。
(2) 肉側に薄力粉を薄くまぶす。
(3) 栗の甘露煮、インゲンをのせ肉を巻く。
(4) タコ糸でしっかり縛る。
(5) フライパンに油をひき、巻き終わりを下にして入れ、
  転がしながら全面に焼き色をつけて5分ほど焼く。
(6) 赤ワイン、水、ローリエを加えフタをして5分程煮る。
(7) トマトケチャップ、栗の甘露煮の汁を加える。さらにしょう油を加える。
(8) さらにフタをして5分程煮にしたら出来上がり。
肉汁が外に出ないようフライパンで粗熱を取る。
試食ではソースがとってもおいしいとのことでした。

<ポイント>
トマトケチャップ、栗の甘露煮の汁を加えることで
まろやかでコクのある香りのよいソースになる。

| お肉 |
スポンサードリンク


Copyright (C) レシピ 心覚え. All Rights Reserved.